「Scratcher」になると使えるクラウドデータ(クラウド変数)の説明とデモ映像

Scratchのランクが「Scratcher」になると使えるクラウドデータ(クラウド変数)の説明(せつめい)とデモ映像(えいぞう)
– 第25回CoderDojo紙屋町おまけ –

 

Scratcher(すくらっちゃー)って

Scratchプログラムまたはウェブサイトを初めて使用するユーザーは、しばしばNew Scratcherとみなされる。ウェブサイトを初めて使用するユーザーは、しばらくの間、プログラムを使用していたとしても、このステータスになる。New ScratcherからScratcherになるためには、Scratch Teamからのアラートを受け取る必要がある。

Scratcher – Japanese Scratch-Wiki

Scratchをはじめてから、いくつか作品(さくひん)をつくったり、じぶんでつくったプログラムをいくつか共有(きょうゆう)したり、していると「Scratcher(すくらっちゃー)」にならないかい?と通知(つうち)がきます。通知にしたがってさいごまでOKをクリックしていくとめでたく「Scratcher(すくらっちゃー)」になれます。そうすると、プログラムをおわっても変数(へんすう)の値(あたい)が消えない、そして、ほかのひととも共有できる「クラウドデータ(変数)」がつかえるようになります!

クラウドデータの実験(じっけん)プロジェクト

このScratchプロジェクトへのリンク

実験のやりかた

  • Scratchアカウントのランクが「Scratcher」のひとを見つけて、このプロジェクトをパソコンで表示(ひょうじ)する
  • みどりの旗(はた)をクリックしてプログラムを実行(じっこう)する
  • じぶんいがいの人にじぶんのパソコンでスペースキーを連打してもらおう→そうするとじぶんのパソコンではすうじがふえていく

メモ:まんなかのおおきなキャラをクリックすると、すうじが「0」にもどります。

ABOUTこの記事をかいた人

takeguchi

CoderDojo紙屋町2代目チャンピオン。 広島市立大学情報科学部を卒業後、システム開発業界へ就職。 数年後、個人でAndroidアプリを開発。 東日本大震災向けアプリでは、書籍、Webメディアに取り上げられ、フジテレビの「とくダネ!」 でも紹介される。 現在は、Web制作業に従事しディレクションとコーディングを兼任しながら、お父さんとしても活躍中。 趣味はビリヤード^^/