第13回の道場を開催しました

CoderDojo広島メンターのナカオクです。

通りを見れば浴衣姿の方が眼に映り、とうかさんで盛り上がる6月4日に13回目のCoderDojo広島を開催しました。

今回の道場から広島県の協力を頂き、中区紙屋町の イノベーション・ハブ・ひろしまCamps を使わせて頂きました。ありがとうございます!

とても素敵な施設でWiFiやセミナー設備も整っていて、快適に道場を開催することができました。

今回の道場では12人のニンジャたちが参加してくれました。

みんなやりたいことをメンターに質問したり、周りのお友達が何をしているか興味深く見ていました。

中には設計書を書いて、メンターにどうやって実現すれば良いのか聞いている人もいました。

毎度恒例の発表タイムでは、2人のニンジャに出てきて発表してもらいました。

えんぴつをゲットせよ (tomokae さん)

12回目の道場にも参加してくれたニンジャの作品です。今回は消しゴムに当たると、女の子の目がバッテンになりゲームオーバーになるようなりました。今後、よりゲームぽくなるようなので期待です。


シューティングバトルゲーム(STKJ くん)

シューティングゲームを作っています。真ん中のアイテムを取ると水鉄砲を発射できるようになります。今回の道場でHP変数の使い方がわかったそうなので、今後魔法使いがやっつけられるようにするようです。


発表後に「この機能どうやって付けたの?」「なんでこんな処理なの?」という質問がニンジャから出てきました。今後もドンドン質問や発表してくれると嬉しいです。

今回も多くのニンジャが参加してくれてとても嬉しかったです。メンター一同とても楽しい時間を過ごせました。

また今回の模様はCampsブログでも書かれています。メンターの坂井さんが持ってきた謎の物体(?)についても特集されていますので、お見逃しなく。

次回の道場は7月8日(土)に同じくCampsで行いますので、ぜひご参加くださいね。

CoderDojo広島は今後もIT教育を盛り上げて参りますので、今後ともよろしくおねがいします!

ABOUTこの記事をかいた人

CoderDojo紙屋町メンター。高校生の時にコンピュータ部でScratchやC言語を教えた経験をもとに道場で活躍中。昼は電気通信業に従事し、夜はUnityを使い自分が遊びたいゲームを作っている。