初めての道場を開催しました!

6月26日に広島で初めてのCoderDojoを開催しました。当日まで準備に追われましたが、メンターをはじめとして多くの方にご協力いただいてなんとか開催することができました。初回にも関わらず満席となり、たくさんの子どもに参加してもらうことができました。

DSC_0012 (1)

小学生の参加が多く、みんな苦戦するかと思っていたのですが、ものすごい集中力でもくもくと作業をすすめていました。休憩時間も用意していたのですが、誰も休憩しようとしないほど熱中していました。

すでにレベルが高い忍者もいて、スクラッチにこれまであまり触れたことがなかったメンターたちを驚かせていました。ステッカーがたくさん貼られたパソコンからはただならぬ雰囲気が出ています。

thumb_IMGP2404_1024

今回は初心者用の簡単なテキストを用意して、初めてスクラッチに触れる忍者たちはテキストを見ながら進めました。少しつまづいている忍者をメンターがサポートするスタイルです。特に教えたわけでもないのに、途中から自由にアレンジする忍者が出てきていました。子どもの創造力はすごいです。

thumb_IMGP2427_1024

最後は2人の忍者に作品を発表してもらいました。ひとりはこれまで作っていたゲームを改良したもの、もうひとりは今回の道場の時間だけで作ったオリジナルのゲームです。会場からどよめきや笑いがこぼれる楽しい発表でした。

thumb_IMGP2448_1024

いくつか課題はありましたが、おおむね順調なすべり出しでした。参加した忍者からも楽しかったという声をもらえたのが何より嬉しかったです。これから広島からすごい忍者が出てくるようサポートしていきたいと思います!


今回のメンターのみなさん
なっちゃん、だてちゃん、安藤 光昭さん、西森 悠太さん、なかさん、市川 育夢さん、川口 稔さん、元木 昭宏さん、ごん、noir、鼠家正則

ABOUTこの記事をかいた人

鼠家 正則

CoderDojo紙屋町の運営者。崇徳高校、早稲田大学理工学部、同大学院卒業。就職を機に広島にUターン。仕事のかたわら、地域のボランティア団体の設立運営、プログラミング教育イベントの企画などを経験する。2016年に退職し独立。普段はシステム開発等やってます。