第11回の道場を開催しました

4月9日(日)に第11回の道場を開催しました。
初参加9名、経験者8名の過去最高の参加人数で、にぎやかなDojoになりました。

今回から、ScratchのTipsをまとめたカードを用意しました。カードの左側には動きのイメージ、右側にScratchサンプルコードが書かれています。

今回、作品を発表してくれた子はなんと5名!順番に紹介していきます。まずはベテランの彼から。


まぐろを積んだトラックからビームを撃ち、敵を倒すというゲーム作品です。なぜ、「まぐろ」なのか!?ニンジャもメンターもその奇抜なアイディアにニヤニヤが止まりません。

次は今回初参加の彼です。

サメに食べられないように逃げるゲームです。なぜか、「ろうそく」を発射できます。発射するのにちょうどよかったそうです。

次の彼女は、原稿を書いてから発表しました。

落ちてくるりんごを拾うゲームです。初参加ながら、座標と当たり判定の処理を理解して作っています。

何度かDojoに参加している彼女は、毎回手書きの絵を使って作っています。

リボンや顔をカスタマイズして、好きな顔を作る遊びです。これまでの作品は、マウスで操作していましたが、今回はキーボードのみで操作できるよう工夫しています。

初参加での発表者2人目の彼。

宇宙空間でのいわゆる「避けゲー」です。Dojoが終わった後も、作品を改良していっているようです。

いかがでしたか?
最近は、初参加の中にもScratchを触ったことのあるニンジャが多く、レベルが上がっているなと感じます。

今後は、Scratchと外部機器との連携や、Scratch以外のプログラミング言語にも取り組めるよう、メンター間で話を進めています。おたのしみに!

ABOUTこの記事をかいた人

奥田ごん

ゲーム、アプリの個人開発者です。主に、Unityを用いた3Dカジュアルゲームの開発を行っています。ホームページにて作品公開中です。ぜひご覧ください。